武器説明文まとめ【レガリアシリーズ】

この記事では、グラブルで獲得できる武器の説明文についてまとめています。グラブルの文章表現のご参考にどうぞ。

今回はレガリアシリーズです。

※レガリアとは?

レガリア(ラテン語: regalia, 英語: regalia リゲイリア)は、王権などを象徴し、それを持つことによって正統な王、君主であると認めさせる象徴となる物品である。

Wikipedia「レガリア」の項より引用

スポンサーリンク



シヴァからドロップ

ブラフマンシミター

憤激の破壊神との戦いの果てに、此岸の全てを焼き尽くす神威の劫火を放つ剣が生まれた。その刃は世界を焼き拓く。

憤激(ふんげき)…はげしくいきどおること。ひどく怒ること。

此岸(しがん)…仏語。迷いの世界。悩みの多い現実世界。この世。対義語は彼岸(ひがん)。

神威(しんい)…神の威光、威力。

劫火(こうか・ごうか)…仏語。世界が破滅する壊劫(えこう)の終末に起こり、世界を焼き尽くしてしまう大火。

ブラフマントライデント

憤激の破壊神との戦いの果てに、此岸の全てを焼き尽くす神威の劫火を放つ槍が生まれた。その一閃は天に孔を空ける。

孔(こう・あな)…あな。つきぬけているあな。

ブラフマンガントレ

憤激の破壊神との戦いの果てに、此岸の全てを焼き尽くす神威の劫火を放つ手甲が生まれた。その力が解き放たれる時、世界は壊劫を迎える。

壊劫(えこう)…仏語。四劫(しこう)の第三。世界が破滅する時期。

四劫(しこう)…仏語。世界の成立から破滅に至る時の経過を四つに大別したもの。成劫(じょうこう)・住劫・壊劫(えこう)・空劫。

エウロペからドロップ

テュロスワンド

夜空に煌めく星の風情を纏いし美姫は騎空士の武勇を讃え杖を授けた。流れ落ちる水を留め鍛えられた杖は、その身に壮大な夜空を湛える。

美姫(びき)…美しい姫。美しい女性。

湛える(たたえる)…表情を浮かべる。

テュロスボウ

夜空に煌めく星の風情を纏いし美姫は騎空士の武勇を讃え弓を授けた。草花の祝福を受けし弓は、生あるあらゆる存在を射止める。

テュロスビネット

夜空に煌めく星の風情を纏いし美姫は騎空士の武勇を讃え琴を授けた。流れ落ちる水音の如き音色は、森羅万象を清浄無垢へと洗い流す。

森羅万象(しんらばんしょう)…宇宙に存在する一切のもの。あらゆる事物・現象。

清浄無垢(せいじょうむく)…清らかで汚れのないさま。また、心が清らかで煩悩のないさま。

スポンサーリンク



ブローディアからドロップ

ニーベルン・メッサー

大いなる守護者の安寧を愛する尊き心は、災厄を封ずる楔となって顕現する。概念を貫き穿つ鋭き一閃は、空を脅かす混沌を、昏き空の底へと縫い付ける。

安寧(あんねい)…無事でやすらかなこと。

楔(くさび)…二つのものを固くつなぎ合わせるもの。

顕現(けんげん)…はっきりと姿を現すこと。はっきりとした形で現れること。

穿つ(うがつ)…穴をあける。掘る。また、突き通す。貫く。

一閃(いっせん)…ぴかっと光ること。ひとひらめき。

昏き(くらき)…光が弱い。光が少なくて、物がよく見えない。

ニーベルン・ホルン

大いなる守護者の正義を貫く、揺ぎ無き信念は、天災を鎮める大槌となって顕現する。万象を粉砕する一撃は、救い難き悪意を討ち滅ぼし、あまねく魂に愛情を注ぎ続ける。

ニーベルン・クリンゲ

大いなる守護者の生命を守る強き力は、邪悪を断ずる宝剣となって顕現する。巨大な刃は魂を穢す呪いを、一刀のもとに切り伏せ、雄大なる自然の繁栄を見守り続ける。

穢す(けがす)…大切なもの、清らかなものをよごす。

雄大(ゆうだい)…規模が大きく堂々としていること。また、そのさま。

グリームニルからドロップ

ラストストームランス

振れば竜巻、突けば疾風。そして槍は戦を支配する風となった。

ラストストームハープ

奏でられた音色は風となり、風は烈風と化した。向かい来る敵は塵の如くあしらわれ、戦場に凪を招くのだった。

烈風(れっぷう)…きわめて激しい風。

塵(ちり)…細かいくずなどが飛び散ったもの。ほこり。また、小さなごみ。

凪(なぎ)…風が一時的に吹きやんだ状態。

ラストストームブレイド

烈風を生む刃は襲い来る敵を斬り続け、やがて刀身は静寂の戦場に突き立てられた。しかし次の戦を目指し、明日も風となるだろう。

メタトロンからドロップ

ミトロンの宝剣

虚ろなれども、光は覇する。受け継いだ意思は短剣となり、全空を光で満ち溢れさせる。繁栄は常に光あるところにあり、煌めく刃はその覇道を先導する。

覇する(はする)…力によって支配すること。

煌めく(きらめく)…きらきら光り輝く。

覇道(はどう)…儒教の政治理念で、武力や権謀をもって支配・統治すること。

ミトロンの籠手

虚ろなれども、光は覇する。受け継いだ意思は手甲となり、全空を光で満ち溢れさせる。あらゆる闇は居場所を失い、未来の脅威も引き裂いて滅す。

手甲(てこう・てっこう)…手の甲を覆うもの。

ミトロンの弓

虚ろなれども、光は覇する。受け継いだ意思は聖弓となり、全空を光で満ち溢れさせる。決して折れぬ光の矢が、幾億の冥闇を真っ直ぐに撃ち貫く。

冥闇(よいやみ)…夕方の薄暗さ。

アバターからドロップ

アビスストライカー

虚ろなれども、闇は覇する。禍々しき力の奔流は大鎌となり、全空を闇で覆い隠す。あらゆる光は居場所を失い、過去の呪縛も引き裂いて滅す。

禍々しき(まがまがしき)…悪いことが起こりそうである。不吉である。

奔流(ほんりゅう)…勢いの激しい流れ。

アビススパイン

虚ろなれども、闇は覇する。禍々しき力の奔流は杖となり、全空を闇で覆い隠す。溢れる破壊衝動を呪文に変換し、未知の魔術を滾々と生み出す。

滾々(こんこん)…水などがわき出てつきないさま。

アビスルック

虚ろなれども、闇は覇する。禍々しき力の奔流は銃となり、全空を闇で覆い隠す。光あればこそ、影は闇となり負を蓄積する。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする