武器説明文まとめ【リミテッドシリーズ】

この記事では、グラブルで獲得できる武器の説明文についてまとめています。グラブルの文章表現のご参考にどうぞ。

今回はリミテッドシリーズです。

※リミテッドシリーズ:レジェンドフェスとグランデフェスの期間のみガチャから排出される武器。獲得するとリミテッドキャラが手に入る。

スポンサーリンク



レジェンドフェスで排出される武器

ミュルグレス

至誠の心に応じて、その刃は深蒼の輝きを増す。刀身に絡みつく白金の装飾は、刃に宿されし誓いを永久不変のものと為す。

至誠(しせい)…きわめて誠実なこと。

ベネディーア

燃ゆる意志は吹き行く風に躍り、信念を貫く覚悟を炎に宿す。砲身を焦がす翼への憧憬は、放たれる弾丸を空の果てまでも導いていく。

憧憬(しょうけい)…あこがれること。

ガンバンテイン

邪悪なる者の魔力を封じ込め、純粋なる者に祝福をもたらす杖。その複雑な意匠は心の有り様によって神々しくも禍々しくも映る。

意匠(いしょう)…工芸品や商品の形・模様・色などに加える考案。デザイン。

エターナル・ラブ

薔薇の装飾が施された麗しい短剣。その刀身は怪しい光を放っており、まるで悠久の歳月を経たような風格が見られる。

麗しい(うるわしい)…美しい。きれいだ。

悠久(ゆうきゅう)…はるかにひさしいこと。永久。永遠。

歳月(さいげつ)…としつき。

エーケイ・フォーエイ

焦土と瓦礫に擬態した目視不能の狙撃は索敵必滅の一撃を噴く。装着されたアタッチメントは精度を補正し、長距離連射を可能とした。激戦でこそその真価を発揮し、一度でも照準に捉えられれば生きては戻れない。

リユニオン

美しく磨かれた刃は蒼穹を宿し、広い空の下、再会を誓った少女と仲間たちとの約束の絆を繋ぐ。いつか強くなるために……少女のその強い意志は風に乗り、仲間の元へと届けられるだろう。

蒼穹(そうきゅう)…青空。大空。

一期一振

魔を断ち、美を刻む。刀匠の生命は尽きようとも、創造された鉄の刃は朽ち果てない。時には権力者に愛され、時には達人の友となり、刀は今日も振るわれる。一期の夢を現実にするため。

刀匠(とうしょう)…かたなをきたえつくる人。かたなかじ。

太歳精弓

不老不死とされる伝説の精の名を冠し、その加護を得たと云われている長弓。しなやかな弓形に施された絢爛豪華な装飾は、射手に王たる風格と名声を与える。

絢爛豪華(けんらんごうか)…贅沢であり、華やかで美々しいこと。「豪華絢爛」(ごうかけんらん)に同じ。

グランデフェスで排出される武器

ブルトガング

深すぎる忠誠は闇を呼び、堅牢なる誓いは棘を纏う。ただひとりの貴き者を守護せんと、執念に憑りつかれた騎士はその本懐を遂げる為にこの剣を振るう。

堅牢(けんろう)…かたくてじょうぶなこと。

本懐(ほんかい)…年来の希望。

エデン

光をもたらす白き明星は、禁忌と共に黒へと堕ちた。かつて、大いなる父と母に抱かれていた黎明の仔は、原罪の澱に塗れてなお穢れなき翼を以て、愚者の深淵を照らし続けるのだろう。

明星(みょうじょう)…金星の別名。

禁忌(きんき)…してはならないとさし止められていること。

黎明(れいめい)…新しい時代の始まろうとする時期。

原罪(げんざい)…キリスト教で、最初の人アダムが神にそむき、禁断の木の実を食べたため、人間が生まれながら負わされているという罪。

澱(おり)…流体の底にしずんだかす。よどみ。

パラゾニウム

古より深紫に染まりし宝石は、黒色の刃をも淫靡に艶めかす。返り血を浴びた火照りし顔を幅広き鏡面の刃にうつしだす時、その心魂は幽世へ誘われよう。

淫靡(いんび)…節度がなく、みだらでくずれた感じのすること。

艶めかす(なまめかす)…あだっぽい。

幽世(かくりよ)…死者が行く世。あの世。

イクサバ

古より、戦神と呼ばれた者達が手にしてきた無骨な刀。生き血をすすり、朱殷に染まる刀身は、幾多の戦いを潜り抜けてきたことを物語る。

無骨(ぶこつ)…ふぜいのないこと。無風流。

朱殷(しゅあん)…時間がたった血のような暗い朱色。

ブルースフィア

古の時代から、叡智を秘めたる紺碧の水晶。未曾有の災厄が迫りしとき、寂光を放ち、此の世に警鐘を鳴らす。今まさに、その悠久の封印が解かれん。

叡智(えいち)…すぐれた知恵。深い知性。

紺碧(こんぺき)…黒みを帯びた青色。

未曾有(みぞう)…今までにまだ一度もなかったこと。空前。

寂光(じゃっこう)…安らかで、静かな光。

サティフィケイト

栄光の騎士シュヴァリエが、己が力たる光を凝縮し創造した戦斧。燦然と輝く日輪の意匠は、主の崇高なる志に呼応したためか。絶対なる忠義と揺るぎない勝利を、今まさに手中に収めん。

燦然(さんぜん)…きらびやかだ。きらきら光るようす。

フォールン・ソード

宵闇に染まりし剣が齎すのは耐え難き苦痛と戦慄の終末。命が惜しくば闇を見よ。暗澹たる虚空に手を伸ばし、黒き刃を掌中に収めれば、安寧の休息が約束されん。

宵闇(よいやみ)…夕方、月が出る前のやみ。

齎す(もたらす)…持ってくる。

暗澹(あんたん)…薄暗くはっきりしないさま。

安寧(あんねい)…やすらかなこと。

刃鏡片

幻想的な光輝を放つ神秘の刃。堅く強靭な刀身は人々を脅威から守護する盾であり、そして脅威を殲滅する矛でもある。

殲滅(せんめつ)…みな殺しにすること。全滅。掃滅。

リボン

ゾーイの夏の装いを可憐に仕上げてくれるリボン。女の子とは何かを探求するうえで着けてみたところ、ゾーイのお気に入りになった。ディとリィとお揃い。




シェアする

フォローする